憧れの白い肌を目指して

赤ちゃんのように滑らかで白い肌というのは、いつの時代も女性の憧れです。
憧れるということは、そのような肌を保つことは簡単なことではなく、肌への気配りや綺麗になるための努力が必要ということなのでしょう。

 

肌は日常的に様々な刺激にさらされています。
大丈夫と思っていても、その蓄積されたダメージが、いずれ表に出てきてしまうのです。

 

肌への心配りが憧れの白い肌への一歩となります。

 

綺麗な肌を保つには

「美白」の対極にあるものとして真っ先に思い浮かぶのは、海水浴の後によく見られる「日焼け」ではないでしょうか。
人によっては、生まれつき色が浅黒いーいわゆる「地黒」に悩まされている方も少なくないかもしれません。

 

日焼けそのものは炎症が治まるのを待つしかありませんし、元の肌より白くするための安全な方法はないと言っても過言ではありません。

 

けれども、私達日本人の元々の肌の色は、下着に隠れた部分を見ても分かるように、今現在の顔の色よりはかなり白いものなのです。

 

ひどく日に焼いたつもりはないのに何となく顔色が冴えず、透明感が失われているー多くの女性の悩みはそこにあるのではないでしょうか。

 

その三大原因は、「シミ」「くすみ」「くま」です。
それぞれ、現れる症状や対処法が違っているのですが、共通点も少なくありません。
違いをはっきり認識した上で、適切な予防法や処置を講じ、できるだけ生まれ持った肌に近い状態を目指すのが、「美白」ケアです。

 

そのためには、内側からも外側からもケアをしてあげる必要があります。
また、精神的な健康状態も肌の状態に影響します。

 

内側からのケア、外側からのケア、心のケアーそのどれが欠けても美白は成り立たないのです。
生活習慣や食習慣を見直し、内側からもしっかりとケアした上で、美白化粧品などでお肌を整えることで、綺麗な白い肌に近づけるように努力していきましょう。

更新履歴