美白の定義

「美白」とは、実はその定義が「薬事法」という法律で定められており、むやみに様々な化粧品などに使ってはいけない言葉なのです。
「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」または「日焼けによるしみ、そばかすを防ぐ」という表現でしか使用できないほか、「美白」という言葉を商品に使用する場合は厚生労働省に承認を受ける必要があります。

 

厚生労働省の承認を受けるには、厚生労働省の定めた美白有効成分が入っている必要があり、承認を受けた商品は「医薬部外品」として販売することができます。
逆に言えば、「美白」と謳っている化粧品などには効果の信憑性があるということです。

 

ブライトニングと美白の違い

肌を白くする方法として「ブライトニング」というものもあります。
「ブライトニング」=「肌を明るくする」といった意味ですが、「美白」が「ホワイトニング」とすると「ホワイトニング」と「ブライトニング」の違いはどこにあるのでしょうか。

 

先に述べたように「美白」という言葉を使うには厚生労働省の定めた美白成分を使い、厚生労働省の承認を受けなければなりません。
しかし、厚生労働省の定めた成分でない成分を使って、美白と同じような効果を得るような商品も存在します。
そのような商品には「美白」という呼び方をすることができないので「ブライトニング商品」という形で販売されていることが多いのです。

 

新しい「美白」成分が出てきても、厚生労働省が定める成分となるまでにはタイムラグが発生してしまいます。
そんな場合なども、ブライトニング商品として販売されることがあります。

 

しかし、ブライトニング商品の中には、美白と同じ効果を得られるものもありますが、どちらかというと肌を明るくする「ブライトニング」の効果が強いものもあります。
そのような性質の商品の場合は、シミなどを薄くすることは難しいのかもしれません。

 

美白のむずかしさ

美白成分を使った化粧品などを使えば、すぐ肌が白くなるのかというとそのようなことはありません。
継続的に使用してみないと効果があるかどうかはわからないのが現実です。

 

さらに、シミやくすみなどになっていて白くしたい部分の性質によっては、美白成分の相性がよくないと効果がなかったり、そもそも化粧品では対処ができないものなどもあります。
まず、自分の肌に存在する肌の黒ずみの原因が何か、また、どのような対処法があるのかを知る必要があるのです。