美白と食べ物

美白は外側から化粧品などで対処するだけでは、実現できません。
体の中に取りこんだ栄養により、肌の状態をよくすることが必要になります。

 

栄養バランスの整った食事をしながら、美白に効果のある栄養素を含む食べ物を積極的に摂取していき、体の中から美白に貢献していくことが、美白には必要不可欠です。

 

美白によい栄養素とその栄養素を含む食べ物

 

(1)ビタミンC

 

強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑える役割があります。
また、真皮層を形成するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作る線維芽細胞の働きを助けます。
そして、メラニンを還元する作用もあります。
水溶性のビタミンで、加熱に弱いため、調理の際は注意する必要があります。

 

ビタミンCが多く含まれる食材は、ブロッコリー、ピーマン、カリフラワー、パセリ、レモン、キウイ、イチゴなどです。

 

(2)ビタミンE

 

脂溶性のビタミン。
活性酸素を抑えることができるが、自らも酸化してしまうので、ビタミンCと一緒に摂取することが望ましい。

 

ビタミンEを多く含む食材は、ごま、イワシ、うなぎ、アーモンド、かぼちゃ、ナッツ類、えごまなどです。

 

(3)βーカロテン

 

抗酸化作用があり、活性酸素を抑える役割があります。
体内でビタミンAに変化して、目や粘膜などの機能を保ちます。

 

β−カロテンを多く含む食材は、ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリー、ほうれん草、カボチャ、小松菜などです。

 

(4)ビタミンB2

 

皮膚の新陳代謝を高める役割があります。
摂取した脂質や糖質、タンパク質を効率よく分解してエネルギーに変えます。
皮膚や粘膜に影響する成分なので、不足すると肌荒れなどを起こします。

 

ビタミンB2を多く含む食材は、豚肉、牛肉、鶏レバー、うなぎ、いわし、納豆などです。

 

(5)亜鉛

 

細胞の新陳代謝に欠かせない成分です。
気を付けないと摂取量が足りなくなりやすい栄養素です。
特に肌などの代謝が活発な部分に多く必要になるため、足りなくなると肌トラブルを起こしやすくなります。

 

亜鉛を多く含む食品は、カキ、ホタテ、カニ、ウナギ、豚レバー、牛肉、納豆、卵などです。

 

(6)L−システイン

 

抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制します。
また、代謝を促すことで、皮膚に沈着してしまったメラニンの排出を助ける働きがあります。

 

L−システインを多く含む食品は、大豆、小麦胚芽、はちみつなどです。

 

(7)リコピン

 

ビタミンEの100倍以上とも言われている強力な抗酸化作用があり、活性酸素の発生を防ぎます。
また、日焼け防止作用があることもわかっています。

 

リコピンを多く含む食品は、トマトです。

 

(8)アスタキサンチン

 

ビタミンEの1000倍以上、βカロテンの10倍以上の強力な抗酸化作用があります。
活性酸素により老化が進んだ血管や細胞をよみがえらせてくれる栄養素です。

 

アスタキサンチンを多く含む食品は、サーモン、エビ、カニ、いくらなどです。

美白を目指す人におすすめの食べ物と栄養素関連ページ

美白のために避けたいNG食品
美白のために良かれと食べていた物でも実はくすみやシミを作ってしまう要因だったということはあります。どのような食べ物が美白にとってNGなのか紹介します。
美白を妨げる成分とそれに対抗する栄養素
酵素の中に「チロシナーゼ」というものがあり、これはしみの原因となる活性酸素の元になります。チロシナーゼによってしみを増やさないためにも、これに対抗できる成分を紹介します。