美白のための生活習慣

睡眠をしっかりとること

美しい肌のためには、睡眠がとても重要なポイントになります。

 

なぜなら、寝ている間に紫外線などで傷ついた細胞の修復や、肌の新陳代謝が行われたりするため、この時間を確保できないと肌がよい状態にならないまま朝を迎えてしまうことになるからです。
肌の状態が悪いまま、また昼間にダメージを受けてしまうと、修復がどんどん困難になってしまうので、肌は毎日睡眠をしっかりとってリセットしてあげる必要があります。

 

望ましい睡眠時間は、理想を言うと7〜8時間です。
さらに、肌の新陳代謝を促す成長ホルモンが最も多く分泌されるゴールデンタイムと言われる夜22時から深夜2時の間にしっかりと寝ていることが望ましいといえます。

 

よい睡眠をとるには、寝る前の過ごし方も重要です。
寝る直前までパソコンやスマートフォンなどを見てしまうと、寝つきが悪くなるので止めた方がいいでしょう。
また、入浴は湯船にしっかり浸かり、体温を上げてあげることが大切です。
上がった体温が下がってくると、眠くなるので、そのタイミングで眠るとよいといえます。

 

適度な運動をすること

紫外線を気にすると外に出て運動するなんて・・・と思いがちですが、紫外線対策を行った上で適度な運動をすることはとても大切です。

 

運動をすると血行がよくなります。
血行がよくなると、全身に必要な栄養や酸素が届くようになります。

 

血行の促進以外にも、成長ホルモンが分泌されたりもするので、新陳代謝もアップして、肌の状態がよくなります。
また、セロトニンも分泌されるので、ストレスに強くなると言われます。

 

運動も激しいものは必要なく、ウォーキングなど、誰でも道具なしで無理なくできるもので十分です。

 

体を冷やさないこと

冷たい飲み物や食べ物を摂取すると、体が冷えてしまいます。
体が冷えてしまうことは血行が悪くなることにもつながります。
暑い時期でもなるべく温かい飲み物を摂取するように心がけましょう

 

そして、夏でも極力湯船に浸かるようにしましょう。
体を温めることは、より良い睡眠にもつながるので、非常に大切です。

 

ストレスをためないこと

ストレスはとても肌への影響が大きいと言われています。
それは、ストレスは活性酸素を大量に発生させ、健康な細胞を老化させたり、副腎皮質ホルモンを発生させ、免疫力を低下させるほか、ニキビをできやすくしたり、シミを悪化させたりするからです。

 

ストレスを生活から完全に排除することは非常に難しいことですが、楽しめる趣味を見つけたり、ゆったり過ごす時間を作ったりすることなど、リフレッシュ方法を見つけてみましょう。
また、先に述べた睡眠と運動はストレスを軽減するためにも有効です。

 

心の中から健康になれば、それが美白にもつながっていきます。