すぐに消せないシミは・・・

気になるシミなどを発見して、美白ケアをし始めたとしても、残念ながらすぐに消すことはできません。
できてしまったシミは、数ヶ月から数年かけないと、消すことはできないのです。

 

しかし、シミが気になったままそ長期間過ごさなければならないのは憂鬱ですよね。
そのような場合にはなんとかメイクで隠せるところまで隠したいものです。

 

美白ケアをしていてもすぐにはシミが消せないなら、気になるシミをメイクでカバーしながら、美白のケアをしていくことが現実的だと言えるでしょう。

 

広範囲で薄いシミをカバーするには

シミにも様々な種類がありますが、色は薄いけれど、大きさが大きくて気になるシミというのもあります。
例えば、そばかすや肝斑などがあげられます。

 

このようなシミの場合は、まず、リキッドファンデーションを顔全体に塗ります。
このとき使うリキッドファンデーションはカバー力の高いものにします。

 

このとき避けたいのは、厚塗りになることです。
厚塗りにならないようにするには、全体的にスポンジで塗り、気になる部分は指で伸ばしたあとスポンジでおさえるようにするとよいでしょう。

 

一度塗って、まだ気になるようであれば、さらに上からリキッドファンデーションを乗せ、外側を指やスポンジで軽くたたきながらなじませます。

 

最後にパウダーファンデーションを隠したい部分から伸ばしていくという方法で塗って仕上げます。

 

小さくて濃いシミをカバーするには

ニキビ跡などの、小さくて濃いシミをカバーしたい場合は、ファンデーションだけではカバーしきれないため、コンシーラーを使用します。
リキッドファンデーションを塗ったあとに、シミ部分にコンシーラーを直接塗ります。

 

このとき使用するのはスティック状のものがよいでしょう。
スティック状のものはカバー力が高く、使いやすいので便利です。
ただし、スティック状のものは、カバー力が高い反面、少し硬くて扱いにくいことが多いので、もし塗りにくいと感じたら、一度手にとって指でのばしてからシミ部分に塗るようにします。

 

コンシーラーで隠したら、上からパウダーファンデーションで仕上げます。
気になるシミの部分から伸ばしていくと、よりカバー力が高まります。

 

このように、シミの状態にあわせたカバーの仕方をしてあげれば、厚塗りを防ぎながら隠したい部分はしっかりと隠すことができます。

シミをメイクで隠すとっておきの方法関連ページ

美白サプリメントで体の中からキレイになろう
美白サプリメントも美白肌になるのに効果的です。ここでは美白サプリメントのメリットについて紹介します。