美白によくない食べ物

光毒性とは

「光毒性」とは、光に当たると紫外線に過敏に反応してしまい、肌にダメージを与えてしまう性質を言います。

 

この光毒性をもつ主な成分に「ソラレン」があり、紫外線に対する感受性を高めて紫外線を吸収しやすくしてしまう作用があります。
ソラレンは植物の中に多く含まれ、野菜や果物の中にはこのソラレンを多く含むものもあります。

 

ソラレンを含む主な食べ物

ソラレンを含む主な食べ物は、レモン・オレンジ・グレープフルーツ・キウイ・いちじく・きゅうり・パセリ・セロリ・しそなど、美白にも良さそうな野菜や果物ばかりです。
これらの食べ物には、紫外線を吸収しやすい性質があるため、これらを食べてから外出したりして紫外線を浴びると、いくら日焼け止め対策をしていても、日焼けをしやすくなってしまうのです。

 

ソラレンは、食べ物から体内に取りいれられると2時間ほどで全身にいきわたります。
例えば、朝食に食べると、出かけるときにソラレンが行きわたっている状態になってしまうため、朝食時は避けたほうがよいでしょう。

 

しかし、ソラレンは美白によくなくても、ソラレンを含む食材そのものは美白によい野菜や果物ばかりですので、なんとか摂取したいところです。
これらの食材を摂取するには、日が落ちてから、つまり夜がよいでしょう。
食べる時間帯を工夫することで、ソラレンを含んでいてもしっかりと摂取することが可能です。

 

ソラレンを含む食品以外で摂取しないほうがよいもの

美白の敵である、シミなどの原因になる食材としては、白砂糖・カフェイン・保存料などがあります。
白砂糖は、腸内環境を悪化させる原因になります。
腸内環境の悪化は肌の状態を悪化させることにもつながるので、摂取しすぎはよくありません。

 

カフェインは肌の中にあるメラニンを拡散させ、広範囲にシミなどを作ってしまう危険があります。

 

そして、保存料がNGな理由は、たくさんの「リン」が含まれているからです。
リン自体は必要不可欠ではありますが、保存料は加工食品にはほとんどと言っていいほど含まれているため、気づくと過剰摂取になっているということが多々あります。
リンを摂取しすぎると体全体が老化すると言われています。

 

つまり、加工食品の摂取のし過ぎは老化に直結してしまうので、肌も老化してしまい、ターンオーバーなどに影響が出て、シミなどが残りやすくなってしまうのです。

美白のために避けたいNG食品関連ページ

美白を目指す人におすすめの食べ物と栄養素
美白肌になりたいのであれば食事を見直しましょう。このページでは美白に良い食べ物と栄養素を紹介します。
美白を妨げる成分とそれに対抗する栄養素
酵素の中に「チロシナーゼ」というものがあり、これはしみの原因となる活性酸素の元になります。チロシナーゼによってしみを増やさないためにも、これに対抗できる成分を紹介します。