チロシナーゼとは

「チロシナーゼ」とは、メラニン色素を作り出す酸化酵素のことを言います。

 

紫外線を浴びると、皮膚で活性酸素が発生します。
すると、肌を守るために、メラノサイトの働きが活発になり、チロシナーゼの生産を始めます。
チロシナーゼは、メラノサイトの中のチロシンと結合し、メラニンを作り出します。

 

チロシナーゼは紫外線を受けなくても生活習慣の乱れやストレスなどでも活性化されます。
これは、ストレスなどを受けたとき、副腎皮質刺激ホルモンが増加してしまうため、それがメラノサイトを刺激するからです。

 

紫外線を浴び続けるなどしてダメージを与え続けてしまうと、メラノサイトが異常に活性化されてしまい、チロシナーゼもたくさん生産されてしまいます。
すると、常に皮膚細胞はダメージを受けている状態になり、ターンオーバーが上手くいかず、メラニンが排出できにくくなってシミなどになってしまうのです。

 

チロシナーゼを働きを抑える成分とその食べ物からの摂取方法

メラノサイトがメラニンを作り出すのを抑制するためには、チロシナーゼを抑制することが必要となります。
このチロシナーゼを抑制する成分と食べ物からの摂取方法を紹介します。

 

(1)リコピン
「リコピン」は、トマトに含まれる色素成分で、抗酸化作用があり、活性酸素を除去する役割をもっています。
それだけではなく、チロシナーゼが活性するのを弱める役割ももっています。

 

リコピンの効率の良い摂取方法は、ジュースやケチャップなどの加工品ですが、生のトマトの場合は加熱したり油で炒めたりするなどすると、吸収がよくなります。
リコピンは脂溶性なので、生のトマトの場合は、オリーブオイルと一緒にトマトソースなどで摂取すると良いでしょう。

 

(2)アスタキサンチン

 

「アスタキサンチン」は海産物に多く含まれる天然色素で、サケやイクラ、エビ、タイ、カニなどに含まれています。
非常に強力な抗酸化作用を持っているため、メラニンの抑制の効果も非常に大きいといえます。

 

(3)フェルラ酸

 

「フェルラ酸」は米ぬかに含まれています。

 

フェルラ酸には優れた抗酸化作用があります。
そして、チロシナーゼを抑制させる働きも持っています。

 

このファルラ酸を摂取するには、玄米を食べることが一番よいのですが、玄米は食べにくかったり、よく噛んで食べないと消化が悪かったりするため、発芽玄米など食べやすいもので摂取するとよいでしょう。

美白を妨げる成分とそれに対抗する栄養素関連ページ

美白を目指す人におすすめの食べ物と栄養素
美白肌になりたいのであれば食事を見直しましょう。このページでは美白に良い食べ物と栄養素を紹介します。
美白のために避けたいNG食品
美白のために良かれと食べていた物でも実はくすみやシミを作ってしまう要因だったということはあります。どのような食べ物が美白にとってNGなのか紹介します。