正しい洗顔できてますか?

洗顔は、子供の頃からずっとしてきていることなので、自分流でなんとなくやってしまっている人が多いようです。

 

しかし、肌の状態を良く保つにも、美白ケアをするにも、まず正しい洗顔をすることが大切なのです。
正しい洗顔をしなければ、メイクや汚れが残るなどして、ターンオーバーの妨げになります。
また、こすり過ぎたりするとダメージを与えてしまいます。

 

どんなに高い化粧品を使ったとしても、洗顔が正しくできていなければ、その効果は十分に発揮されないのです。
それだけ、洗顔は大切なことといえます。

 

まずはメイクを落とす

まず、顔に残っているメイクを落とす作業から入らなければなりません。

 

メイク落としにはオイル、ジェル、クリームタイプ、そしてシートタイプなどがあります。
オイルとジェルは洗顔の前に肌になじませて流すタイプ、クリームタイプやシートタイプはふき取るタイプになります。
拭き取るタイプも手軽なのですが、強くこすってしまったりしやすいため、肌へのダメージを考えると、オイルやジェルタイプがいいかもしれません。

 

手にクレンジング剤をたっぷりとり、やさしくマッサージするにようになじませます。
時間をかけてじっくりとなじませましょう。

 

この際、目元などのポイントメイクは最後に落とすようにしましょう。
そうしないと、顔全体にポイントメイクが溶け出したものを塗ってしまうことになるからです。

 

メイクになじませたら、よく洗い流しましょう。

 

洗顔で肌をリセットする

メイクを落としたら、次は洗顔です。

 

洗顔で一番大切なのは、とにかくしっかりと洗顔料を泡立てることです。
そして、その泡で包み込むようにやさしく洗うのです。
ゴシゴシ擦ることは、肌にダメージを与えるのでNGです。

 

「泡で洗う」感覚で、手が肌に触れないぐらいの感覚で洗うとよいでしょう。
ゴシゴシ洗っている方はかなり物足りないと思いますが、これで汚れはとれているので問題ありません。

 

最後にすすぎです。
泡がどこにも残らないように何度もすすいでいきます。
泡をたくさんたてて洗顔しているので、生え際や小鼻など泡が残りやすい箇所を念入りにすすぎましょう。
すすぎ残しは、肌のダメージにつながります。

美白のための正しいクレンジング・洗顔方法関連ページ

美白肌になるために欠かせない保湿のコツ
肌をしっかり保湿することは、乾燥肌を防ぐだけでなく美白にもつながります。特に冬場はしっかり保湿を心がけましょう。
美白肌になるための日焼け止め対策術
シミを防ぐためには日焼け止めの使用は欠かせません。このページでは正しい日焼け止めの選び方や使い方について説明します。
美白肌になるためのマッサージ方法
肌の血行を良くすることは美白になるために有効な手段です。そのためのマッサージ方法を紹介します。