くまの原因とは?記事一覧

 

目元の茶色のくま=茶グマとは、色素沈着などが原因で目の下にできた茶色のクマを言います。この茶グマには2種類あります。まず、1つ目は通常のシミと同じようなもの、そして2つ目はメラニンが真皮まで到達して沈着してしまっているものです。この2種類は対応の仕方のレベルが違ってきますが、両方とも色素沈着という共通点があります。茶グマは、皮膚をひっぱるとクマが一緒に動いて色が変わらない特徴があるので、こうなれば...

 
 

目元の青いクマ=青グマとは、主に血行不良などが原因で目元が青くなってしまうクマのことを言います。目の下を引っ張ってみて、少し色が薄くなるような感じのクマは青グマと思ってよいでしょう。目の下に刺激を与えてみると、色が変わることが特徴のクマです。目元が青くなってしまっていると、老けてみられることはもちろんですが、不健康そうな印象も与えてしまいがちです。青グマにあった対処をしてあげることが大切になります...

 
 

目元の黒色のくま=黒グマとは、茶グマや青グマとは全く別のものです。それは、シミではなく影だからです。目の下がたるんでしまい、そのたるみの下が影になってしまったものがクマのように見えるという現象です。あごを上げて上を見たらクマがなくなったり、下まぶたを押し下げてクマが無くなればこの黒グマの可能性が高いといえます。影なので、コンシーラーで隠すこともできませんし、隠そうとしてメイクを厚塗りしたりすると余...