美白美容液の役割

美容液とは、気になる箇所に特別なケアをするという位置づけで作られているものです。
有効成分が濃縮して配合されており、化粧水と乳液の間に気になるところにつけるという形で使います。

 

年齢を重ねてくると、美白だけでなく、しわなどの様々な肌トラブルが気になってきますが、美白美容液としわ用の美容液の併用など、美容液の重ね塗りはNGです。
どうしても、2種類使いたい場合は、朝晩で使い分けるなど工夫する必要があります。

 

美白美容液を選ぶポイント

美容液は目的に沿った集中ケアをするという性質のものなので、使う目的をはっきりさせる必要があります。
つまり、美白には「シミを増やさない目的」と「できてしまったシミを薄くする目的」の2種類の目的があり、このどちらかに特化するのか、両方するのか決める必要があるということです。

 

目的を決め、自分の肌の状態を考えて、美白成分を選びます。

 

シミを増やさないことが目的であれば、アルブチン・エラグ酸・ルシノール・コウジ酸・プラセンタエキス・ハイドロキノン・リノール酸・ビタミンC誘導体などが配合されている美容液が良いでしょう。
できてしまったシミを薄くするのが目的であれば、エナジーシグナルAMP・ビタミンC誘導体・ハイドロキノン・レチノールなどが配合されているものがよいでしょう。

 

美白に良さそうな商品名がついていても、実は有効成分があまり入っていなかったということもあるので、美白美容液を選ぶ場合は、しっかりと成分と配合量を確認して購入しましょう。

 

美白美容液を選ぶとき、注意すべきこと

美容液は、化粧水よりも有効成分の濃度が高く、肌に浸透しやすいように作られており、気になる部分に集中ケアするものなので、効果が大きい反面、注意も必要です。

 

敏感肌であったり、肌に多少のトラブルを抱えている場合は、あまり強い成分のものを使用すると肌にダメージを与えてしまいます。
特にハイドロキノンは効果がある反面、副作用の心配があり、肌がダメージを受ける可能性があるので、使用に際しては慎重に行いましょう。

 

また、海外で購入したりしたものの中では、日本で販売されているよりも成分が高濃度で含まれているものもあるので注意が必要です。

 

刺激を感じたり、赤みが出てきたり、トラブルが少しでも出てきたら、すぐに使用を中止しましょう。

美白に効果の高い美容液の選び方関連ページ

肌にあった洗顔選びで美白を手に入れよう
洗顔料を選ぶ際は、自分の肌の状態と照らし合わせて決める必要があります。どのような選び方が最適なのか、このページで紹介します。
効果の高い美白化粧水の選び方
パッケージに「美白」と書かれているからといって、それが必ずしも美白効果が高い化粧水とは限りません。美白に有効な成分をしっかり把握して化粧水を選びましょう。
美容パックで美白肌を手に入れよう
美容パックも美白肌になるために効果の高いアイテムです。ここではどんなパックが美白にいいのかを紹介します。
美白化粧品の上手な選び方
美白化粧水に変えるときは、ライン全てを変えなければいけないの?と思ってなかなか踏み出せない方もいるかもしれません。そんな方におすすめの上手な選び方を紹介します。
美白化粧品が効かない場合はどうしたらいい?
ずっと美白化粧品を使い続けているのに効果が見られないなんてことありませんか?そんなときはただのシミ・くすみではない可能性を疑ってみてもいいかもしれません。