美白化粧品が効かない場合はどうしたらいい?

美白化粧品が効かない場合の対策

美白化粧品では消しにくいタイプのシミ・くすみ

シミやくすみは、見た目が非常に似ていても性質の異なるものがあります。
また、元々は消せたものでも、色が濃くなってしまうと消しにくくなってしまうものもあります。

 

美白化粧品でも薄くできることはできますが、消すことはなかなか難しいものは次のようなものです。

 

(1)老人性色素斑の濃くなってしまったもの

 

紫外線によるシミが、さらにダメージを受けてどんどん濃くなってしまったものです。

 

(2)肝斑

 

女性ホルモンのバランスが乱れたときにできやすいシミで、できる部位は頬骨から目尻にかけてが多いです。

 

(3)そばかす

 

鼻から頬骨にかけてできる細かい斑点状のシミで、遺伝的な要素がほとんどと言われています。

 

美白化粧品が効かないシミ・くすみ

シミやくすみには様々な種類があり、中には美白化粧品使っても効かないものがあります。

 

(1)脂漏性角化症

 

老人性色素斑が進行してしまい、イボのように盛り上がってしまったものです。
触ってみて、ザラザラと盛り上がっているシミはこのシミの可能性が高いです。

 

(2)メラノファージ(担色細胞)

 

真皮層に落ちてしまったメラニン色素の粒子(メラノソーム)を免疫細胞のマクロファージが貧食してできたものを言います。

 

(3)扁平母斑

 

生まれつき、あるいは思春期に突然でてきたりする茶色いあざのことをいいます。
見た目はシミと間違いやすいのですが、境界がぼんやりしておらず、はっきりしているという特徴があります。

 

(4)ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

 

形がぼんやりしていて、両頬の高いところに左右対称にできるので、肝斑に間違われやすいシミです。
色が灰色や青みを帯びているという特徴があります。

 

美白化粧品が効かない場合の対処法

美白化粧品が効かないシミ等の場合、美白化粧品をある程度使ってみても効果がなく、美白化粧品が効かないものではないかと疑って初めて分かるということが多いのではないでしょうか。
明らかに凹凸があったりする場合を除いては、なかなか見ただけで判断するのは難しいかもしれません。

 

消したいと思っているシミがどのようなシミなのか、まずは専門医に相談してみることをお勧めします。
化粧品で消せなかったものでも、内服薬や外用薬を処方してもらうことで消せるものもありますし、それでも無理なものはレーザー治療などで消すこともできます。

 

一生懸命シミを消そうと努力をしていても消すことができないと、それもまたストレスになってしまいます。
ストレスも肌にとってよくないので、シミが消えなくて悩んでいるような場合は、一度受診してみたほうがいいでしょう。