くすみの原因と対策〜毛穴の汚れ

毛穴の汚れとは、毛穴に入ってくるほこりや汚れ、皮脂や古い角質が入ったまま固まってしまい、角栓となったものです。
洗顔で上手に取り除くことができずにそのままになってしまうと、それが肌をくすませる原因になります。

 

毛穴の汚れが肌をくすませるしくみ

元来毛穴は小さいのですが、それよりも小さい粒子のほこりや汚れ、また肌から剥がれ落ちる皮脂や古い角質などが入り込んで詰まってしまいます。
これらが詰まった状態で放置されてしまうと、酸化して黒くなります。
この黒くなった毛穴の状態が肌をくすんだように見せてしまいます。

 

また、加齢とともに肌に起こる変化が毛穴に汚れをつまりやすくしてしまうため、よりくすんで見える状態になることもあります。

 

まず、肌のハリや弾力が低下することで、毛穴が開いてしまった状態になってしまうことも、原因の1つとなります。
毛穴が開いてしまった状態のままになっていると、そこに汚れが詰まりやすくなってしまうからです。

 

そして、肌のターンオーバーが遅くなることで、角質が長く肌に残ってしまうことから、肌がかたくなってしまい、古い角質が毛穴の入口をふさいで詰まりやすくしてしまいます。
毛穴の詰まりは、加齢による影響も大きいといえます。

 

よく目立つ毛穴としては、鼻やアゴ、おでこなどのいわゆる「Tゾーン」ですが、それ以外の場所にも毛穴はもちろん存在し、その毛穴に色々なものが詰まることで顔全体がくすんで見えるようになってしまうのです。

 

毛穴に汚れが詰まらないようにするには

毛穴に汚れが詰まらないようにするには、普段からの洗顔が非常に大切です。
特に、化粧を落とさないで寝てしまったり、クレンジングや洗顔が適当な人などは注意が必要です。

 

正しいクレンジングと正しい洗顔を毎日しっかりと行うことが基本であり、最も大切なのです。
それを行うことで、毛穴に汚れが詰まったとしても、早めに取り除くことができるので、詰まって酸化してしまうところまでいかないのです。

 

どうしてもくすみがとれない場合は、一度ピーリング化粧品を使うなどしてピーリングをすることでくすんだ肌をリセットすることもできます。
そのあとは、しっかりとクレンジングと洗顔を行い、毛穴に汚れが詰まったままにしないようにしましょう。

 

洗顔とクレンジングをしっかりしてから化粧水などで肌を整え、保湿をすることで、肌の状態を良好に保つことが毛穴の状態もよくすることにつながります。

くすみの原因は毛穴の中の汚れだった!?関連ページ

くすみの原因となる血行不良とその対策
血行不良により冷えを感じている女性も多いと思います。実は冷えはむくみだけでなくくすみも引き起こす怖いものだったのです。
ターンオーバーの乱れがくすみ肌の原因に
健康な人ならば正常な周期でおきるターンオーバー。しかしストレスや生活スタイルが不順な人はターンオーバーが乱れてくすみを引き起こしてしまいます。
くすみの原因となる「メラニンの沈着」とその対策
くすみ肌の原因のひとつに「メラニンの沈着」があります。メラニンが沈着する原因、そしてその対策方法を紹介します。