くすみの原因と対策〜血行不良

血液には、酸素や栄養素を体全体の細胞に送る働きがあります。
その血液が流れる血管は、太い血管から毛細血管のような細い血管もありますが、そのどれもが固くならずに適度なやわらかさでしっかり動いていることが血行には非常に大切なことです。

 

血液の流れは人の意志によって動かせるものではなく、自律神経が働きをコントロールしています。
この自律神経の働きが阻害されてしまうと、血管が収縮してしまうため、血行不良が起こります。

 

血行不良が起こってしまうと、酸素や栄養が体の隅々まで届きにくくなるため、その影響は体の不調としてあらわれ、体の様々な部分に不調を引き起こします。

 

血行不良が肌をくすませるしくみ

血行が悪くなると体の不調があちこちに起こることは理解できると思いますが、肌にはどのような影響があるのでしょうか?

 

実は、血行が悪くなってしまうと必要な酸素や栄養が体の隅々まで行きわたらないということだけでなく、老廃物を流していく働きにも影響が起きるのです。
それは、血液が栄養素などを運ぶ役割と、老廃物を運んで排出するという役割を担っているからです。

 

このようになってしまうと、肌細胞の代謝が悪くなり、ターンオーバーが滞ってしまいます。
ターンオーバーが上手くいかなくなった肌はくすんできてしまったり、その他様々な肌トラブルを起こしやすくなってしまうのです。

 

血行不良を起こさないために

血行不良は、肌のくすみを防ぐためはもちろん、体のためにも予防するべきことです。
血行不良の原因は色々ありますが、生活の仕方で防ぐことが可能です。

 

まず、運動です。
運動不足は筋力の低下を招くので、血液を送り出す力が低下します。
また、体を動かすことで、自然に血行がよくなります。

 

デスクワークなど同じ姿勢でずっと仕事をしている人などは、肩こりなどが起こり血流が滞りがちになります。
時々立ち上がって、屈伸運動をしたり、腕を回すなど、少し体を動かしてあげることで、血行不良を防ぐことができます。

 

また、血液の状態も血行に関係します。
血液がドロドロした状態では、流れにくくなってしまうため、血行は悪くなります。
不規則で、脂質や炭水化物などに偏った食事は、ドロドロ血の原因になります。

 

そして、血行をコントロールしている自律神経を良好に保つために、ストレスをためないようにすることも大切です。

 

規則正しい生活と、適度な運動、バランスのとれた食生活が血行を良好に保つためには必要となります。

くすみの原因となる血行不良とその対策関連ページ

ターンオーバーの乱れがくすみ肌の原因に
健康な人ならば正常な周期でおきるターンオーバー。しかしストレスや生活スタイルが不順な人はターンオーバーが乱れてくすみを引き起こしてしまいます。
くすみの原因となる「メラニンの沈着」とその対策
くすみ肌の原因のひとつに「メラニンの沈着」があります。メラニンが沈着する原因、そしてその対策方法を紹介します。
くすみの原因は毛穴の中の汚れだった!?
毎日化粧で隠して見えないようにする「毛穴」。この化粧で隠してしまう毛穴の奥に、くすみの原因となる汚れがつまっているかもしれません。