くすみの原因と対策〜メラニンの沈着

メラニン色素は、紫外線を浴びたり、肌にダメージが加わったりした際メラノサイトが活性化されて作られます。

 

メラニン色素は様々なダメージから皮膚を守るために作られます。
もし、メラニン色素がなければ、皮膚がんになってしまう可能性が増えてしまうのです。

 

肌の色もメラニン色素の量により決まります。
白人はメラニン色素が少なく、黒人は多くなっています。
皮膚がんの患者が白人は多いけれど、黄色人種や黒人に少ないのは、肌を守るメラニン色素の量にも由来します。

 

このように、とても有用であるメラニン色素ですが、沈着を起こしてしまうと、その部分がくすみになってしまうのでやっかいなのです。

 

メラニンの沈着が肌をくすませるしくみ

メラニン色素で染まった細胞は通常であれば、ターンオーバーにより徐々に表皮の上のほうに押し出され、最終的に角質となり、剥がれおちていきます。
すると肌の表面には新しい綺麗な細胞が出てくるので、くすみを除去できた形になります。

 

しかし、ダメージを受けた細胞がさらに紫外線などのダメージを受け続けたりした場合、一部のメラノサイトが暴走してメラニン色素の生成が止まらなくなるということがあります。
こうなってしまうと、常にその部分がメラニンによって黒くなってしまうという現象が起こります。

 

メラニン色素が真皮層に落ちてしまった場合でも、通常であればマクロファージ(体に入り込んだ最近などを異物を取りこみ無害化する細胞)がそれを食べて消してくれます。
しかし、真皮層に落ちたメラニン色素が多すぎたり、皮膚の免疫力がさがっている時などはマクロファージでも処理しきれずに、真皮層で沈着してしまうのです。

 

真皮層でメラニンが沈着してしまうと、治すのが難しくなります。

 

メラニンの沈着を起こさないために

メラニンの沈着を起こさないためには、まず、ダメージを最小限に抑える努力をすることが大切です。
紫外線などは浴び続けるとメラノサイトの暴走につながったりするので、季節問わずケアしていかなければなりません。

 

また、真皮層に落ちてしまったメラニン色素については、マクロファージに働いてもらい、除去してもらわなければなりません。
マクロファージの働きは免疫力と関係しているので、免疫力が落ちないように、ストレスや寝不足などは極力さけるように気を付けていく必要があります。

くすみの原因となる「メラニンの沈着」とその対策関連ページ

くすみの原因となる血行不良とその対策
血行不良により冷えを感じている女性も多いと思います。実は冷えはむくみだけでなくくすみも引き起こす怖いものだったのです。
ターンオーバーの乱れがくすみ肌の原因に
健康な人ならば正常な周期でおきるターンオーバー。しかしストレスや生活スタイルが不順な人はターンオーバーが乱れてくすみを引き起こしてしまいます。
くすみの原因は毛穴の中の汚れだった!?
毎日化粧で隠して見えないようにする「毛穴」。この化粧で隠してしまう毛穴の奥に、くすみの原因となる汚れがつまっているかもしれません。