シミの原因と対策〜炎症

「炎症」とは皮膚になにがしかのダメージが与えられることを指します。
例えば、ニキビをつぶしてしまったり、肌に合わない化粧品を使って肌が荒れたり、虫刺されを掻いてしまったりということがダメージとなります。
症状は違っても、肌にダメージが与えられるという点では共通しており、その影響からシミができてしまうのです。

 

炎症がシミを作るしくみ

メラニン色素は肌を守るためにメラノサイトが活性化されて作られるものというのは既に説明してありますが、メラノサイトの活性は炎症が原因の場合も同様に起こります。

 

メラノサイトが活性化され、ダメージが痕になって残っている場合でも、ターンオーバーが上手く行われていれば、次第に治って綺麗な状態に戻ります。
しかし、ターンオーバーが上手くいかなかったり、紫外線などのダメージを受け続けてターンオーバーが追いつかなくなった場合が問題になります。

 

ターンオーバーが上手くいかない場合、メラニン色素が沈着している皮膚が長い時間とどまってしまいます。
すると、色素沈着が起きてしまい、簡単には治せないシミとなってしまいます。
このような状態を「炎症後色素沈着」といいます。

 

「炎症後色素沈着」の場合でも、炎症が続かず表皮に沈着している場合は、半年から数年で自然に消えますが、真皮にまでメラニンが到達してしまった場合は長期間消えなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

炎症を起こさないために

皮膚に炎症が起きないようにするには、炎症の原因を作らないことが重要です。

 

原因には、ニキビや湿疹、かぶれ、虫刺され、肌に合わない化粧品、摩擦、日焼けなど様々なものがあります。
できるだけ、これらのことを避けることが望ましいでしょう。

 

しかし、虫刺されなどは避けられない場合もありますし、ニキビや湿疹なども気を付けていてもできてしまうこともあります。
そういうときは、これ以上のダメージを与えないように、なるべくそっとしておくことが必要です。
治療のための薬を塗ったりすることは構いませんが、掻きむしってしまったり、つぶしてしまったりすると、ひどいダメージになります。

 

化粧品などは肌に合わないと思ったら、すぐに使用を中止しましょう。
せっかく買ったのにもったいない、長く使えば慣れるかもしれないという考えを起こしがちですが、肌のためのものであっても、あわないのであれば肌にはマイナスです。

 

どのような炎症の場合でも、ダメージを与え続けないようにしましょう。
特に知らず知らずのうちに浴びてしまいがちな紫外線には、特に注意が必要です。
紫外線そのものが炎症の元となりますし、炎症を起こした部分にとっても紫外線は大敵なのです。

シミになる炎症の特徴と対策方法関連ページ

紫外線によるシミとその対策方法
シミになる原因として考えられるのが、紫外線、活性酸素、炎症という要素が挙げられます。このページでは紫外線について解説していきます。
シミの原因となる活性酸素とは?
シミになる原因として考えられるのが、紫外線、活性酸素、炎症という要素が挙げられます。このページでは活性酸素について解説していきます。