シミの原因と対策〜活性酸素

「活性酸素」とは、「酸素が活性化しているもの」つまり、酸化させる力が強い酸素をいいます。
人は呼吸をして酸素を体内にとりいれますが、そのうちの2%は活性酸素になると言われています。

 

しかし、それは人間が生きていくために必要な活性酸素です。
活性酸素が持つ酸化力で、体内に入り込んだ菌などを駆除するという殺菌作用があるので、常に体内にいて健康のために働いているのです。

 

「活性酸素」と聞くと女性の場合は肌にはあまりよくない悪者のイメージがあるかもしれませんが、実は基本的には体のために働いているものなのです。
活性酸素が体に対して悪影響を及ぼすのは、活性酸素が増えすぎてしまったときです。

 

活性酸素がシミを作るしくみ

活性酸素は本来体に必要ものですが、それが増えすぎると今度は健康な細胞までをも酸化させてしまいます。

 

健康な細胞は活性酸素に攻撃されると、その活性酸素から身を守ろうとします。
身を守るときに活性化するのが「メラノサイト」です。

 

メラノサイトとは、メラニン色素を作り出す元で、メラニンは肌を守るために分泌されますが、これも分泌されすぎるとシミなどになって残ってしまうという弊害が起こります。
つまり、増えすぎた活性酸素によって攻撃された細胞をメラニンが守った結果、シミとなってしまうのです。

 

また、活性酸素が脂質を酸化させて過酸化脂質を作りだし、それが蓄積されて代謝がうまくいかなくなるとシミになる可能性もあると言われています。

 

大切なのは、活性酸素を過剰に発生させないことです。

 

活性酸素を発生させないためには

活性酸素は様々な原因で発生します。
先に述べた紫外線を浴びることでも活性酸素が過剰に発生してしまいますし、それ以外にも様々なことが原因で活性酸素が発生します。

 

○ストレス
ストレスに対処するために分泌される「副腎脂質ホルモン」が分泌されるときに一緒に活性酸素が作られます。

 

○喫煙
タバコを吸うと有害物質が体内に入るため、それから守ろうとして活性酸素が増えます。
これは、受動喫煙でも同様です。

 

○アルコールの摂り過ぎ
飲酒も量が多すぎると、アルコールを分解する際に発生する活性酸素が増えすぎてしまいます。

 

○食品添加物
食品添加物も体にとっては有害なので、摂取することで活性酸素は増えます。

 

○激しい運動
酸素の摂取量が増えるので、必然的に活性酸素も増えます。

 

これらのことを避けるようにすることで、活性酸素の過剰な発生を防ぐことができます。

シミの原因となる活性酸素とは?関連ページ

紫外線によるシミとその対策方法
シミになる原因として考えられるのが、紫外線、活性酸素、炎症という要素が挙げられます。このページでは紫外線について解説していきます。
シミになる炎症の特徴と対策方法
シミになる原因として考えられるのが、紫外線、活性酸素、炎症という要素が挙げられます。このページでは炎症について解説していきます。