シミの原因と対策〜紫外線〜

紫外線は波長の長さによって、UV−A、UV−B、UV−Cという三種類に分けられます。
波長はAが一番長く、続いてB、Cとなり、波長が短い方がエネルギーが大きくなります。

 

3種類の紫外線のうち、UV−Cはオゾン層から中に入ることはないので、実際に肌に届くのはUV−BとUV−Aとなります。

 

UV−BはUV−Aより波長が短く、エネルギーが大きいため、炎症や水ぶくれなどを肌の表面に起こしたりします。
UV−Aはエネルギーは弱いですが、波長が長く、非常に多くの量が地上に降り注ぎ、ガラスもすり抜けて、肌の真皮層まで達して肌に影響を与えるものです。

 

実際にシミの原因となるのは、肌の奥まで届いてしまうUV−Aと言われています。

 

紫外線がシミを作るしくみ

紫外線を浴びると、表皮細胞の奥にあるメラノサイトからメラニン色素が作られます。
メラニン色素はシミなどになるため、悪者扱いされがちですが、元々は肌を守るために作られるもので、これがないと皮膚がんになったりするなど、とても大切なものです。

 

このメラニン色素がシミの元となりますが、メラニン色素が作られただけではシミになりません。
肌のターンオーバーがしっかりと働いていれば、メラニン色素の影響を受けた細胞も、時間が経つに従い徐々に表皮へ現われ、角質となり、剥がれ落ちるからです。

 

しかし、紫外線を浴び続けたり、肌が乾燥するなどして状態が悪い場合は、ターンオーバーが上手く働かず、メラニン色素の影響を受けた細胞が長くとどまってしまいます。
するとシミとなってしまうのです。

 

また、紫外線は肌の奥に蓄積される性質もあり、若い頃に浴びた紫外線が蓄積し、年を重ねてからシミとなって出てきてしまうこともあります。

 

シミを予防するための紫外線対策

紫外線によるシミを予防するにはどのような対策をとればよいのでしょうか?

 

まず、季節を問わず1年中日焼け対策をすることです。
夏は誰でも意識して紫外線対策を行いますが、春や秋など、過ごしやすくなる時期になると、油断してしまいがちです。
しかし、そのような紫外線は関係なさそうな時期にも紫外線は変わらず降り注いでいます。

 

さらに、室内でも要注意です。
室内でもガラスや薄いカーテンを通して紫外線を浴びてしまいます。
外出しないときでも、なるべく日焼け対策をしておくほうが安心です。

 

シミなんてまだ他人事だと思って油断していると、忘れた頃にシミになることもあるので、今すぐに紫外線対策を始めましょう。

紫外線によるシミとその対策方法関連ページ

シミの原因となる活性酸素とは?
シミになる原因として考えられるのが、紫外線、活性酸素、炎症という要素が挙げられます。このページでは活性酸素について解説していきます。
シミになる炎症の特徴と対策方法
シミになる原因として考えられるのが、紫外線、活性酸素、炎症という要素が挙げられます。このページでは炎症について解説していきます。